焼鈍 実は・・・焼鈍も得意です。

こんにちは。

窒化処理一筋60年、極東窒化研究所 営業部の町田です。

いやはや、今月に入ってからの気温の変化について行けず少々感冒気味なのは内緒です(汗)。

あれれ、極東窒化研究所『窒化処理一筋』じゃなかったっけ??と少々ざわついた雰囲気が出ておりますが、ご安心下さい。

弊社は創業から現在まで窒化処理一筋60年です!!

そんな弊社が焼鈍も取り扱っているという事は、窒化処理にも大きく関係があるからなのです。

ずばり、窒化処理前の『応力除去焼鈍』という訳でございます。
 
様々な加工によって、ワーク内部に溜まってしまったストレス(内部ひずみ)を開放し、リフレッシュさせてあげるための熱処理となります。

この工程を踏むことよって、窒化処理後の曲がりや歪みに差が出るとかでないとか!!

焼鈍にもいくつか種類がございますが、弊社の焼鈍は『低温焼鈍』となります。

さらに、弊社では『光輝焼鈍』も取り扱っております。

普通の焼鈍と異なる点は、酸化スケールを生成させないところです!!

処理前と同等の金属表面を保つ事ができますので、いわゆる普通の焼鈍後に必要となる酸洗や皮むき工程を省く事ができます

窒化処理とセットでのご注文でなく、焼鈍光輝焼鈍のみのご注文も承っております。

是非お気軽に、お問い合わせいただければ幸いです。



この記事へのコメント